サンプルアイチャッチ

便秘には水分が効果的?


便は大腸で水分を吸収した残りカスともいえます。
水分を摂るのなら水分いらなくないかというのは間違いです。
その便になった状態のものを腸から分泌する水分が押し出してくれるのですから水分はとても必要です。
元々、水分は腸で吸収されるのですから便がでないと吸収すらできなくなります。
便秘になる前から水分摂取は心がけましょう。

便秘にならないために必要な水の摂取量は、成人で1.5リットルから2リットルといわれています。
そんなに飲めないと思われるかもしれませんが、何も一気飲みしましょうとは言っていません。
というよりも、一気飲みはしないでください。
胃酸が薄くなり、食欲不振や体調不良を起こしかねません。
下手したら下痢です。
便秘も大変ですが、下痢も体調を崩している証です。
健康的に水を摂って、綺麗な水を体に巡回させましょう。

そのためにはこまめな水分補給がお勧めです。
朝起きて飲み、食事の時には自然と飲みますよね。
それで食物と一緒に体の中には自然と水分も入ります。
トイレの後に必ず水分を摂るようにし、お風呂上りや寝る前にも飲めば、意外と気づかないうちに2リットルくらいは飲んでいます。

大事なのは喉が渇いたと感じる前に飲むことです。
喉が渇くというのは軽い脱水症状の一種とも言われています。
喉は渇いていても、寝る前はトイレに起きるから飲まないというのは、確かにトイレに起きる可能性がないとはいえませんが、寝ている間も体は活動し続けています。
つまりそれだけのエネルギーが使われているということです。

朝、起きたら尿意を催したくなるのはその証でもありますし、それだけ体から水分は失われているという証なのです。
トイレに目が覚めたらそれはそれで、トイレを済ませ、再び水分を摂って眠りましょう。
水分が足りていないと、腸にある便から水分だけが多く摂られて石のようになってしまいます。
水分の分泌もあまり促されずに、硬い便が肛門を塞いでしまったら、医師にかからなくてはならなくなってしまいます。
そんなことにならないためにもこまめな水分補給はかかせません。
また、ウォーターサーバーはとても便利です。 詳しくはhttp://xn--gckgmmnl3e3gqf5d0eb2ibbb9003mjcydsyzg.com/