サンプルアイチャッチ

肌の老化と水の関係


人間の体は約60%から70%は水分といわれていますが、これは平均です。
年代によって違ってきます。
例えば赤ちゃんは80%から90%が水分ですが、老人になると50%といったところになります。

赤ちゃんや老人に触れた感じが全然違いますよね。
赤ちゃんはツルツルのプヨプヨで、老人は温かいけどしわやたるみがあります。
これは体内の水分量の違いと同じです。
赤ちゃんはこれから代謝を繰り返し、成長するために体に水分をもって生まれて成長と共に水分保有量も減っていきます。

一方老人は、新陳代謝が衰えていき、体内で作られる水の量が減ってしまいます。
だからこそ水分をこまめに摂取しないと潤いなどあり得ません。
また年をとると、喉が渇いたという体の信号に対する受信が鈍くなってしまいます。
お年寄りに熱中症による被害者が多いのはこのためです。
ですからこまめに水を飲むことは半ば、習慣としておいたほうがいいでしょう。

老化に伴って細胞の水の中のカリウムイオンというものが失われ、細胞に勢いが無くなっていきます。
このカリウムイオンはスポーツをした時などにも失われることが多いために、カリウムイオンなどを補給するスポーツドリンクなどがあります。
何らかの原因で医者にかかり、医者に止められていなければ1日1本飲むのはいいでしょう。

ですが、こまめに飲む水分がすべてこれというのはお勧めできません。
なぜならスポーツドリンクには他の成分や糖分も入っていることが多いからです。
確かに失われたカリウムイオンの補給は肌の老化予防になるかもしれませんが、他の病気をひきおこしては堪りません。
それよりも若いうちからこまめに自分にあった水を飲むことを習慣づければ、体の水分は老化により多少減ったとしてもきちんと巡回を続けて、老廃物などを取り除き肌にも水分をもたらしてくれるでしょう。
しっかり食べて、水分も摂る生活習慣を身に着けることは、体にも肌の老化を防ぐのにもきっと役にたちます。