サンプルアイチャッチ

飲み物にオススメの水の種類


水は「軟水」と「硬水」に分かれます。
軟水は日本のほとんどがそうであるといわれるほどで、私たちにとっても身近な水といえます。
日本で作られる「ミネラルウォーター」ですら、ほとんどが軟水なのです。

軟水は日本茶の風味を引出し、味を楽しませてくれます。
水を沸かしてお湯にすれば、カルキもとびますので味もまろやかです。
またハーブティーなども、優しい味わいでいただくことができます。
そして軟水で飲むのは、もうひとつ理由があります。
ハーブティー自身に様々な効能があるのですが、ミネラルが多い硬水とでは相互効果があり、水の成分とハーブの成分が作用しあうことがあります。
それではせっかくのハーブの効果が、半減してしまいかねません。

もっとも一番大切なのは、赤ちゃんのミルクや赤ちゃんに飲ますのは必ず「軟水」がいいということです。
赤ちゃんにはミネラルが少なめで飲みやすくて、まろやかな軟水でないと絶対にいけません。
味だけの問題ではありません。
栄養バランスが調整されている粉ミルクに「硬水」を使うと、カルシウムやマグネシウムが多くなりすぎてしまい、バランスが崩れてしまうからです。

一方の「硬水」は基本的に独特な癖などがあり、優しいお茶というよりも香りを楽しむ飲み物やコーヒーの苦味を抑えたい時に好まれます。
またその味の癖がお酒に合うといって、割るのに好む人もいます。
しかし基本的にお酒に関しては、完全に好みの問題になるといってもいいでしょう。

そして大切なのは「硬水」はミネラルがたくさん含まれています。
なので慣れていない日本人の胃腸が弱い人などは、お腹を壊してしまうことが多いということです。
硬水は「ミネラルウォーター」で手に入る事が多いですし、外国の水が多いです。
表示などで「水の硬度」を確認しましょう。
外国で生水にあたったといわれている人のほとんどが、外国の「硬水」に胃腸が痛めつけられてしまったということも多いといわれています。
「軟水」と「硬水」の特徴を良く知って、飲み物の本来の味を引き出しましょう。