サンプルアイチャッチ

節水を計画的に行うには


「節水」は、水が豊かな日本ではあまり考えられなかった言葉です。
今では「エコ」という言葉が当たり前の世界です。
まず、自分にできる節水からしていく努力をいたしましょう。

水の流しっぱなしは駄目です。
水を流しっぱなしにするとなると、洗顔、シャワー、食器の後片づけなどがあります。
洗顔する時などは、溜めた水の方がカルキの刺激などが肌にありません。
仕上がりにミネラルウォーターを使えば、かなり贅沢で肌に優しい洗顔になります。
シャワーは本当に洗った泡を流す時だけに使えば、流しながら洗うよりも泡立ちもよく水も出しっぱなしにはならないでしょう。

食器の後片付けも同じです。
食器を洗い桶に浸しておいて、汚れを落ちやすくしてから、少しの洗剤をスポンジで泡立てて洗えるだけ洗いましょう。
まだ食器が残っている場合は、スポンジを水がかからない場所に置いて、適量な水で洗い流しましょう。
この洗い流す行為は、泡が残らないようにしっかりと行いましょう。
口に運ぶものを乗せるものに「化学洗剤」が残ってしまって、体に入ったら意味はありません。

次に、一番水が使用されるといわれる洗濯です。
風呂の残り水を利用すると、かなりの「節水」が可能といわれています。
おまけに最近の洗濯機は、風呂の残り湯をポンプで汲みとることもできるようになっています。
そういった機能がない場合は、お手数ですがバケツなどで入れるしかありませんが、かなりの「節水」になるでしょう。

そしてよく使うのがトイレです。
よくタンクの中にペットボトルに水を入れるといった行為をしている家庭がありますが、あまりお勧めではありません。
というのも、タンクの中の水は汚物を流す量が、設計で決められているからです。
結局流れなくて、何度も繰り返しては意味がありません。
それくらいなら必ず「少」と「大」のレバーを正しく守って、1回で流せる方が「節水」になるというものです。

ここにあげたのはほんの一例ですが、皆さんも自分なりの「節水」を考えて実施してみるのはいかがでしょうか。
水は無限であるとは限らないのです。