サンプルアイチャッチ

日本で取れる天然水


種類的には「ナチュラルウォーター」「ナチュラルミネラルウォーター」などが、完全な天然水と呼ばれるものになります。
「ナチュラルウォーター」は、天然水の中でもミネラルが少ないもののことをいいます。
日本で取れる天然水はミネラルを含んでいる為、ほとんどが「ナチュラルミネラルウォーター」です。
「ナチュラルウォーター」や「ナチュラルミネラルウォーター」は化学的な処理を行ってはいけないことになっています。
いかに自然の状態を残すか、という技術が要求されます。

「ナチュラルミネラルウォーター」というのは、地層の中を通るときにミネラルなどの様々な栄養を含んだ地下水のことです。
日本の水なので硬度が低く、必要な処理以外は天然に近い状態が保たれるので、美味しく飲みやすいのが特徴です。
場所によっては「硬水」の天然水もありますが、本当に一部の地域だけにしかありません。
ミネラルは確かに必要ですが、過剰摂取は赤ちゃんや子供にはよくない影響が起こりかねません。
購入時には、水の硬度の確認は必ずしましょう。
ちなみに、赤ちゃんのミルクに使用する場合の硬度の目安は、平均的な水道水の硬度よりも低い60以下の軟水がおすすめです。
また、さらに低い硬度30以下の軟水でも十分です。

「ミネラルウォーター」は「ナチュラルミネラルウォーター」や「ナチュラルウォーター」を混合し、ミネラル分を加工したものもあります。
これらは「ナチュラルミネラルウォーター」と同じようでありながら、人の手が加わった水といえます。
ですがその分、安全度は高くなるといってもいいでしょう。

「ミネラルウォーター」の中でも富士山の玄武岩層を通過して、バナジウムを多く含む弱アルカリ性のまろやかな軟水タイプのものがあります。
このような水を最近では、赤ちゃんのミルクを作るときに使うという人が多いようです。
他にも「海洋深層水」といった海の底から水を引き上げて加工し、「ミネラルウォーター」としているものもあります。